仏印を放棄すればハル・ノートを押しつけられずに済んだのだろうか・ - ふたろぐばこ−二次元裏may@ふたば過去ログ保管庫


[トップに戻る]
仏印を放」が含まれるスレッド一覧を表示する

仏印を放 の検索結果/いもげばこ−二次元裏img@ふたばログ保管庫
img保管庫で「仏印を放」が含まれるスレッド一覧を表示する



無念 Name としあき 16/11/06(日)03:01:55 No.444157863 del
仏印を放棄すればハル・ノートを押しつけられずに済んだのだろうか・・・
削除された記事を見る

無念 Name としあき 16/12/03(土)09:32:59
No.444157863 del
1478368915130.jpg-(91372 B)
キタ━━━(゜∀゜)━━━!!
無念 Name としあき 16/11/06(日)03:09:51 No.444158750
仏印に進駐しなければ…
無念 Name としあき 16/11/06(日)03:11:37 No.444158918
アメリカと中国大陸利権でぶつからなければ
無念 Name としあき 16/12/03(土)09:32:59
No.444157863 del
1478368915130.jpg-(91372 B)
キタ━━━(゜∀゜)━━━!!
無念 Name としあき 16/11/06(日)03:11:38 No.444158919
松岡がアホでなければ・・・
無念 Name としあき 16/11/06(日)03:15:37 No.444159297
ハル・ノートって実際に草案作ったのはハリー・ホワイトだからどのみち
無念 Name としあき 16/12/03(土)09:32:59
No.444157863 del
1478368915130.jpg-(91372 B)
キタ━━━(゜∀゜)━━━!!
無念 Name としあき 16/11/06(日)03:20:09 No.444159690
東条英機はかわいそうだったよね
キチガイは塚田だったのに
無念 Name としあき 16/11/06(日)03:20:35 No.444159717
際限なく譲歩を重ねても、際限なくデタラメなイチャモンを繰り出されて結局は開戦に追い込まれただけだよ
無念 Name としあき 16/11/06(日)03:27:13 No.444160252
欧米列強が共産主義を舐めてたのも痛いな
無念 Name としあき 16/11/06(日)03:31:13 No.444160537
むしろ共産陣営に対する防波堤にしようとか思わなかったのかね
そもそも日独どっちも対ソを見据えてたし
無念 Name としあき 16/11/06(日)03:32:03 No.444160594
他国から見ればパリ陥落後にフランスに宣戦布告したイタリアと同じドイツの威を借りたハイエナ行為と同列にしか見られていない
無念 Name としあき 16/11/06(日)03:33:33 No.444160686
ハルノートと別案の融和策があったけど補給船団を艦隊進軍だと誤認されて引っ込められた
無念 Name としあき 16/11/06(日)03:36:11 No.444160888
ちなみに一般的なアメリカ人はハルノートの存在自体を知らない
当時の経済構造も理解しないので開戦やむなしの最後通牒だったと考えない
無念 Name としあき 16/11/06(日)03:36:41 No.444160924
だいたい仏印に進駐する意味がわからない
日本が欲しかったのはボルネオの石油とマレーの鉱物資源だろうに
無念 Name としあき 16/11/06(日)03:37:31 No.444160981
>だいたい仏印に進駐する意味がわからない
援蒋ルートの遮断だよ
無念 Name としあき 16/11/06(日)03:38:19 No.444161035
ルーズベルトも戦争する気はそんなに無かったけど
ソ連のスパイが頑張って煽った結果対日対独になったわけだしソ連の勝利だね
無念 Name としあき 16/11/06(日)03:38:57 No.444161081
ハルノートも蒋介石が半分作ったようなものだしなあ
無念 Name としあき 16/11/06(日)03:39:09 No.444161095
>援蒋ルートの遮断だよ
結局ビルマ経由になっただけだし
無念 Name としあき 16/11/06(日)03:39:18 No.444161106
>ちなみに一般的なアメリカ人はハルノートの存在自体を知らない
核兵器をパワフルな爆弾としか思ってないからそんなモンだろう
無念 Name としあき 16/11/06(日)03:39:37 No.444161129
松岡が馬鹿すぎてソ連の口約束を鵜呑みにしたのが諸悪の根源
無念 Name としあき 16/11/06(日)03:39:57 No.444161157
>結局ビルマ経由になっただけだし
あと出しじゃんけんで批判されても
無念 Name としあき 16/11/06(日)03:40:20 No.444161192 del
1478371220598.jpg-(12038 B)
どうにも南方は鬼門だな
無念 Name としあき 16/11/06(日)03:41:52 No.444161294
>あと出しじゃんけんで批判されても
仏印を占領すれば蒋介石に対する援助が止まると考える方が不明
無念 Name としあき 16/11/06(日)03:43:48 No.444161430
あれだけ支援した蒋介石も結局中国共産党に負けてしまった
アメリカは何がしたかったのか
無念 Name としあき 16/11/06(日)03:44:21 No.444161465
「南京を落とせば戦争は終わる」
「重慶を爆撃すれば講和に応じるはず」
ぜんぶ根拠のない希望的観測です
無念 Name としあき 16/11/06(日)03:46:15 No.444161584
そもそも満州捨ててね♪からハァなにいってんのバーカしはじめてるし…南方はその敷衍して言った先にある必然
無念 Name としあき 16/11/06(日)03:46:52 No.444161612
>アメリカは何がしたかったのか
中枢に共産主義者があふれてたからしょうがない
無念 Name としあき 16/11/06(日)03:55:04 No.444162108
援助完全シャットアウトじゃなきゃ意味なしってがそもそもよくわからん
仏印は沿岸からだけどビルマは密林だし中国との国境までかなり遠い
相手がめんどうだと思うことやっただけじゃねえの
あとはシャムに対する圧力とか
歴史が終わった後の俯瞰目線で語るとかどーよ
無念 Name としあき 16/11/06(日)03:57:27 No.444162266
>他国から見ればパリ陥落後にフランスに宣戦布告したイタリアと同じドイツの威を借りたハイエナ行為と同列にしか見られていない
フランスの植民地への火事場泥棒はやめようぜという紳士協定が国際間に出来た後にわざわざ占領する要領の悪さ
無念 Name としあき 16/11/06(日)03:58:50 No.444162345
>歴史が終わった後の俯瞰目線で語るとかどーよ
当時からこのまま進んだらヤバイと見通してた人はいくらでもいるから
無念 Name としあき 16/11/06(日)04:01:18 No.444162488
蒋介石は結構早い時期から日本はそのうちアメリカとソ連の両方に負けるからそれまでの辛抱
と言ってたそうだから共産党に負けた以外は思惑通りになったと言える
無念 Name としあき 16/11/06(日)04:07:27 No.444162843
黙ってれば共産に食われるだけだしなあ
無念 Name としあき 16/11/06(日)04:08:04 No.444162868
>当時からこのまま進んだらヤバイと見通してた人はいくらでもいるから
ナチスの知恵袋だったハウスホーファーも「中国は結局距離によって生き延びるから適当なところで講和すべし」と日本にアドバイスしてるしね
無念 Name としあき 16/11/06(日)04:26:46 No.444163647
>黙ってれば共産に食われるだけだしなあ
放っておけば大躍進や文化大革命が前倒しに起きるだけで
日本は何もしなくても漁夫の利を得られていたかもね
無念 Name としあき 16/12/03(土)09:32:59
No.444157863 del
1478368915130.jpg-(91372 B)
キタ━━━(゜∀゜)━━━!!
無念 Name としあき 16/11/06(日)04:33:59 No.444163913
>だいたい仏印に進駐する意味がわからない
陸路で資源を鉄道輸送の壮大な計画とかあったような…
どのみち船に積み替えないといけないのは考慮しないとしても多少メリットあると
想定されてたかもしれない
ビルマルートは山間高地すぎてデスレイルウェイ(死の鉄道)とかいまでも呼ばれてる悪路なのだ
無念 Name としあき 16/11/06(日)05:58:07 No.444166128
>核兵器をパワフルな爆弾としか思ってないからそんなモンだろう
パワフルな爆弾だよ
特別視しすぎ
[AD]
無念 Name としあき 16/11/06(日)05:59:04 No.444166153
>際限なく譲歩を重ねても、際限なくデタラメなイチャモンを繰り出されて結局は開戦に追い込まれただけだよ
速やかに中華民国の占領地域から撤兵しろと言ってただけなのに
意味不明な妄想出されても
無念 Name としあき 16/11/06(日)06:00:49 No.444166191
>>黙ってれば共産に食われるだけだしなあ
>放っておけば大躍進や文化大革命が前倒しに起きるだけで
日中戦争の前は長征する人民解放軍を追撃し続けたから
完全包囲して這い出る隙間も無い状態だったんだから起きねえよ
[AD]
無念 Name としあき 16/11/06(日)06:03:41 No.444166256
>パワフルな爆弾だよ
>特別視しすぎ
最初に研究してたカイザーヴィルヘルム研究所では
ウランエンジンで∞動力程度にしか見て無かった
プルトニウムも高速増殖炉が出来て嬉しい程度の認識で
爆弾の話は予算出るし言われたから研究してたみたいな
無念 Name としあき 16/11/06(日)06:06:15 No.444166312
>黙ってれば共産に食われるだけだしなあ
日本軍の所為で
南米ゲリラ程度の壊滅寸前まで追い込んだのに
巻き返したんだが
無念 Name としあき 16/11/06(日)06:11:02 No.444166422
言ったら悪いんだけどさ
大日本帝国が余計な事をしなければ
中国共産党は21世紀になってもテロばかりしてる腐った生ゴミ程度だったから
だいたい全部日本が悪いよ
無念 Name としあき 16/11/06(日)06:17:49 No.444166584
>核兵器をパワフルな爆弾としか思ってないからそんなモンだろう
核爆弾が兵器以上の存在になったのは相互確証破壊の概念が成立して以降の話でそれ以前は本質的にただの強力な新式爆弾に過ぎなかったんだよなあ
だから原爆投下が日本を降伏させたなんて話は作り話だってわかる
無念 Name としあき 16/11/06(日)06:26:53 No.444166815
南部仏印進駐の前に松岡が「日独伊三国同盟」結んでるしなあ・・
無念 Name としあき 16/11/06(日)06:45:18 No.444167376
欧米が300年以上も支配しておいて
日本が3年ばかり入っただけで全部日本が悪い事になってしまう
戦争に負けるとはこういう事かと
無念 Name としあき 16/11/06(日)06:55:19 No.444167682
一回日本が消えて無くなって仕舞えば世界は日本のありがたみに気づくのかなと思ったり
無念 Name としあき 16/11/06(日)06:58:12 No.444167771
金のバラマキ手が一つ減るだけだろ
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:07:13 No.444168103
日英同盟を破棄したのが失敗
破綻はそこから始まってる
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:09:45 No.444168201
>日英同盟を破棄したのが失敗
>破綻はそこから始まってる
日本が破棄したんじゃ無くて
第一次世界大戦に陸軍5個師団送らないので
何が同盟だ知るか糞が!とイギリスに三下り半突き付けられたからだよ
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:10:08 No.444168220
>民族浄化する勢いで食料略奪してるんだから言われて当然
欧米の方が酷いだろ
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:11:03 No.444168250
>第一次世界大戦に陸軍5個師団送らないので
送ろうにも大変そうだな・・・
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:13:38 No.444168338
https://www.youtube.com/watch?v=-InBCZ1ijLg
日本が一瞬占領してからの独立ラッシュがすごいねえ
なんだかんだ言って日本がなければアジアアフリカの脱植民地化はありえなかったのでは
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:14:20 No.444168378
>送ろうにも大変そうだな・・・
それで逃げるんで
送料イギリス持ちでアメリカのチャーター船使うから
と大英帝国が提案したら日本はゴネ得の火事場泥棒に豹変した
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:15:03 No.444168411
>欧米の方が酷いだろ
小林よしのりがソースとか聞いて無いんで
[AD]
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:16:39 No.444168497
>小林よしのりがソースとか聞いて無いんで

なんか書いてたのコバ?
読んで無いから知らんが
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:18:55 No.444168604
>それで逃げるんで
>送料イギリス持ちでアメリカのチャーター船使うから
実際に派遣してたら色々と変ってたかもね
陸軍の戦術とか
[AD]
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:23:23 No.444168816
まあ平和な大正時代に師団単位の人数を派遣ってなかなか難しいかったんだろうなあ
たぶん世論的にも
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:27:40 No.444169027
>まあ平和な大正時代に師団単位の人数を派遣ってなかなか難しいかったんだろうなあ
>たぶん世論的にも
なんでイギリスの為に
などと総理大臣まで言うからイギリス側は激怒した
[AD]
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:31:41 No.444169224
>だいたい仏印に進駐する意味がわからない
欧米各国による植民地支配から解放するため
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:34:33 No.444169359
>なんでイギリスの為に
>などと総理大臣まで言うからイギリス側は激怒した
このあとすぐ対華二十一か条要求をやって
自ら進んで世界中の悪評買っちゃうぐらいの外交力だったからなあ
この頃の日本・・
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:36:00 No.444169455
南方への進出は陸軍が起草した文書が残ってるけど目的は「資源確保」
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:36:36 No.444169494
>仏印に進駐しなければ…
その前に日英同盟を解消して勝ち組のバスに乗れなくなる…
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:37:16 No.444169525
>自ら進んで世界中の悪評買っちゃうぐらいの外交力だったからなあ
>この頃の日本・・
マジで政府レベルで特定の国以外は親日国ばかりで日本を支持してくれるとか思って慢心してたからな
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:38:30 No.444169581
>陸軍の戦術とか
イギリスってトンでも兵器の宝庫だった記憶があるから…
工学的なことを考えると日英同盟続けてもどの道詰むような
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:38:34 No.444169587
ハル・ノートガー日本は悪く無いー
という奴に限ってハル・ノートの中身も
日米交渉の経緯も知らない法則

という仮説を提示したい
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:39:09 No.444169624
>マジで政府レベルで特定の国以外は親日国ばかりで日本を支持してくれるとか思って慢心してたからな
同盟には代償が必要な理屈も分からないのは致命的過ぎてヤバい
日露戦争の貸しがあったのに
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:39:32 No.444169640
>その前に日英同盟を解消して勝ち組のバスに乗れなくなる…
イギリス側も議員投票で継続しないことに決定してるので日本の自責点って訳でもないけどね
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:39:39 No.444169646
>欧米の方が酷いだろ
東南アジア各国「欧米の方が普通に良かった日本の統治は過去最悪」
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:40:48 No.444169706
>イギリス側も議員投票で継続しないことに決定してるので日本の自責点って訳でもないけどね
西部戦線で塹壕戦してるのに
日本は絶対に送らないと宣言した時点で自責点だろう
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:42:12 No.444169779
>ハル・ノートガー日本は悪く無いー
>という奴に限ってハル・ノートの中身も
>日米交渉の経緯も知らない法則
>という仮説を提示したい
そもそも(試案)すら読めない当時の外務省や軍部、ひいては現代における酷使様達の英語能力の低さは異常
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:43:17 No.444169839
>アメリカと中国大陸利権でぶつからなければ
最初からこれね
すでにハワイの頃からアメリカは日本との戦争を狙っていた
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:44:18 No.444169895
>日本は絶対に送らないと宣言した時点で自責点だろう
後から見ればそうだったかもとは思えるけど

大正モダンの平和主義の時代だからなあ
文化もエログロありの爛熟期
国民を納得させるのも相当厳しいと思われ
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:45:11 No.444169956
>最初からこれね
>すでにハワイの頃からアメリカは日本との戦争を狙っていた
日米諒解案とか日米交渉の経緯を知らないでそんなこといってるなら
松岡並に訳分からんバカだ
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:46:17 No.444170027
日露戦争の講和条件に不満で焼き討ちするくらいだった民衆に日英同盟の重要性は分からんだろ
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:47:30 No.444170107
>国民を納得させるのも相当厳しいと思われ
連合艦隊送ってほしいけど無理だよねで
陸軍5個師団でヨロと振られて
両方拒否る時点で外交センスは無いな
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:47:47 No.444170127
>すでにハワイの頃からアメリカは日本との戦争を狙っていた
オレンジプランのことを言ってるなら基本的に全周囲&内戦も狙ってたことになるな
まさか外交面でそんなこと言ってないよな?
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:49:39 No.444170238
>日露戦争の講和条件に不満で焼き討ちするくらいだった民衆に日英同盟の重要性は分からんだろ
だって「血税」に訳分からん勘違いしてぶちギレて暴動・一揆起こす連中だぜ?
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:51:15 No.444170336
船の護衛は出してやったじゃん
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:51:35 No.444170351
時代をあちこちにとんであれが問題これが問題なんて議論すると混乱するだけだと思うなぁ
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:54:55 No.444170528
>時代をあちこちにとんであれが問題これが問題なんて議論すると混乱するだけだと思うなぁ
お前の無知を誇られても
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:55:22 No.444170553
資料と大局見えてこその後知恵だしなぁ
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:55:34 No.444170567
政治での一番の問題は統帥権を政治問題化しちゃったことだよ
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:56:22 No.444170615
>連合艦隊送ってほしいけど無理だよねで
>陸軍5個師団でヨロと振られて
>両方拒否る時点で外交センスは無いな
ヨーロッパへの派兵は断るけど
中国のドイツ租借地は攻撃するから貰うよとか
やってれば同盟切られるわな
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:56:33 No.444170626
>資料と大局見えてこその後知恵だしなぁ
当時から見えてたので後知恵ガーと知ったかされても
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:56:54 No.444170643
>日本を支持してくれるとか思って慢心してたからな
俗に言う先進国から総スカン食らいつつあった感はあるけど
旧英植民地の印度とか独立に寄与しただろうしで…ただ国際連盟脱退は早計だったというか
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:57:24 No.444170671
>政治での一番の問題は統帥権を政治問題化しちゃったことだよ
日英同盟の重要性も分からないんだから
そんな事が理解できる訳が無いだろう
無念 Name としあき 16/11/06(日)07:57:51 No.444170695
>日露戦争の講和条件に不満で焼き討ちするくらいだった民衆に日英同盟の重要性は分からんだろ
上のほうもわかってたら対華21か条要求みたいな火事場泥棒はしなかったんじゃねえかな…
無念 Name としあき 16/11/06(日)08:05:50 No.444171229
>中国のドイツ租借地は攻撃するから貰うよとか
そこに関してだけはイギリスの要請じゃなかったか
無念 Name としあき 16/11/06(日)08:08:27 No.444171435
>お前の無知を誇られても
まーそういうのは勝手だけど
仏印進駐の目的は中国国民党軍包囲網の一環で
それは三国同盟も日ソ中立条約もそういう側面がある

対米戦の原因なんて後でいう
日中戦争の収拾に失敗したから
で終わりだよ、こんな議論
無念 Name としあき 16/11/06(日)08:08:51 No.444171471
ハルノートに関していえばアメリカは戦争するつもりは無かったようだが
禁輸を続けて日本海軍を無力化するつもりはあったんでダラダラ交渉を続けるつもりだった
日本が資源禁輸に切れて殴りかかってくれば欧州参戦の口実にするつもりの二段構え
無念 Name としあき 16/11/06(日)08:11:51 No.444171696
そもそも日露戦争の時の英国さんだって高みの見物といった風情であられましたので…
相互に互助だしあってこそなんぼですねん…
無念 Name としあき 16/11/06(日)08:16:20 No.444172104
わざわざロシアの艦隊を海路妨害までして日本をアシストしたのに高みの見物とかどんだけ贅沢でわがままな
無念 Name としあき 16/11/06(日)08:17:43 No.444172215
三国協商さんには戦争資金をいっぱい貸してもらったんしょ?
借金だけど
無念 Name としあき 16/11/06(日)08:19:15 No.444172342
三国っていうか英仏だな
三国っていうとロシアまで含まれてしまう
無念 Name としあき 16/11/06(日)08:21:14 No.444172514
>旧英植民地の印度とか独立に寄与しただろうしで…
してないしてない
つーか印度独立はあの時期ほぼ確定事項だったのよ?
てかマハトマから日本は信用すんな言われてる時点でね
無念 Name としあき 16/11/06(日)08:22:05 No.444172597
ありがとうサンクスピコ線
歴史遺産登録決定こんなげーむにまじになっちゃってどうするの引き際の鮮やかさは見習うべきだったな…
無念 Name としあき 16/11/06(日)08:22:52 No.444172663
>船の護衛は出してやったじゃん
日本郵船「ざけんなよこら」
無念 Name としあき 16/11/06(日)08:23:25 No.444172707
>そもそも日露戦争の時の英国さんだって高みの見物といった風情であられましたので…
新鋭戦艦を提供してもらっておいてそれもどうか
無念 Name としあき 16/11/06(日)08:24:34 No.444172810
やっぱハルノートガーとか言ってる奴って
ソースは小林よしのりとかのつくる会系なの?
無念 Name としあき 16/11/06(日)08:35:19 No.444173834
勝っても負けてもどっちに転んでも艦船を貸与した時点で懐は潤う…
無念 Name としあき 16/11/06(日)09:33:32 No.444180465
小林よしのりってこの話題に何か関係あるの

というか小林はハルノートが〜みたいな事を言うほど馬鹿ではない
小林が産み落とした馬鹿たちがどんどん変な方向に深堀りしてった結果
小林自身も困るネトウヨたちが大量生産されてしまったのだ
無念 Name としあき 16/11/06(日)09:56:51 No.444183913
>仏印を放棄すればハル・ノートを押しつけられずに済んだのだろうか・・・
放棄というか進駐してる時点で
あれだけ駐米武官から「仏印侵攻はヤバイ」って連絡が来てたのに…
三国同盟にしてもそうだが当時の軍部はことごとく地雷を踏みまくってるな
無念 Name としあき 16/11/06(日)10:00:46 No.444184488
>日本郵船「ざけんなよこら」
なんかあっても保証金もらえるんだからいいじゃん
無念 Name としあき 16/11/06(日)10:05:58 No.444185301
陸大出の参謀からして勝てばいいんだろぐらいの感覚じゃないのあれ
そんな感じなんで日本の政府・外務省に非協力的

だけど、外交無しに戦争がゴールにたどり着ける訳は無いんだよ・・
無念 Name としあき 16/11/06(日)10:07:31 No.444185544
>勝っても負けてもどっちに転んでも艦船を貸与した時点で懐は潤う…
何言ってんのや
多額の戦費貸し付けてたんだから
日本が負けると踏み倒される恐れがあるってんで必死だったんやで!!
これを見て思うのは戦争というものには如何に事前の根回しが重要かって事です…
無念 Name としあき 16/11/06(日)10:10:11 No.444185920
ドイツもイタリアも指導者がちゃんといて開戦へと進んでいったんだが
日本の場合指導者不在で流されるまま破滅したんだから太刀が悪い
天皇は裸の王様だし…
無念 Name としあき 16/11/06(日)10:12:19 No.444186260
>仏印に進駐しなければ…
近衛文麿のせいだ…
無念 Name としあき 16/11/06(日)10:13:03 No.444186376
明治の元勲が後継者育成に失敗したのがまずい
没後30年足らずで敗戦て後継者無能にもほどがある
無念 Name としあき 16/11/06(日)10:13:54 No.444186502
満州事変以降のやりとり見るとアメリカの方が遥かに筋通ったこと言ってるからな
むしろよくここまで我慢してたもんだよ
無念 Name としあき 16/11/06(日)10:16:41 No.444186936
日中戦争に大軍釘づけにされながら
米英蘭と戦争て
改めて考えると正気の沙汰じゃねーな
無念 Name としあき 16/11/06(日)10:18:02 No.444187156 del
1478395082465.jpg-(16135 B)
>明治の元勲が後継者育成に失敗したのがまずい
>没後30年足らずで敗戦て後継者無能にもほどがある
犬養毅と鳩山一郎に立憲政友会が浜口首相批判へ
統帥権を政治に持ち出したのもヤバかった
あとは226事件で西欧民主主義寄りの政治家が射殺されたのも痛かった…
無念 Name としあき 16/11/06(日)10:19:25 No.444187379
>日中戦争に大軍釘づけにされながら
>米英蘭と戦争て
>改めて考えると正気の沙汰じゃねーな
で最終的にソ連の参戦
東西南北世界の4分3敵に回して太平洋と中国に東南アジアで戦う
狂気の沙汰過ぎる…
無念 Name としあき 16/11/06(日)10:21:41 No.444187759
>明治の元勲が後継者育成に失敗したのがまずい
>没後30年足らずで敗戦て後継者無能にもほどがある
あとは憲法改正などが無かったのも問題だ
プロイセン王国時代の絶対君主性憲法から天皇が持つ大権などが拗れてこうなったし
西洋の英国をモデルにした立憲君主制の憲法へ徐々に改正させるべきだった
無念 Name としあき 16/11/06(日)10:22:20 No.444187861
>満州事変以降のやりとり見るとアメリカの方が遥かに筋通ったこと言ってるからな
>むしろよくここまで我慢してたもんだよ
満州事変も明らかに条約違反だしな
しかも現場の暴走だったわけで日本の立場的には本当に辛い
無念 Name としあき 16/11/06(日)10:22:31 No.444187886
軍部大臣現役武官制もなあ
一回廃止できたのに広田弘毅はなんで復活させたんだろうなあ

あげくに広田内閣自体も復活したばかりの軍部大臣現役武官制で軍部にごねられて倒閣される始末・・
無念 Name としあき 16/11/06(日)10:33:22 No.444189572
>あとは憲法改正などが無かったのも問題だ
敗戦当時の憲法議論を見ると
天賦人権説何それみたいなレベルで議論してるので
日本人が自主的に西欧レベルの憲法を制定するのは無理
押し付けだ何だと言うが
GHQの若造どもの草案のほうが余程優れてるんだからしょうがない
無念 Name としあき 16/11/06(日)10:37:32 No.444190209
杉山元陸軍大将元帥と寺内寿一陸軍大将元帥が
悪い方へ介入するわ足引っ張り過ぎていて
反面教師がぴったり過ぎる…
無念 Name としあき 16/11/06(日)10:40:09 No.444190649
>敗戦当時の憲法議論を見ると
>天賦人権説何それみたいなレベルで議論してるので
>日本人が自主的に西欧レベルの憲法を制定するのは無理
>押し付けだ何だと言うが
>GHQの若造どもの草案のほうが余程優れてるんだからしょうがない
あとは大正デモクラシーからの流れで民主主義が進んだけども
昭和に入って恐慌などの経済不安に全体主義や社会主義
それもあって民主主義的な土台が作れなかったのも痛いというか…
無念 Name としあき 16/11/06(日)10:46:38 No.444191692
>軍部大臣現役武官制もなあ
>一回廃止できたのに広田弘毅はなんで復活させたんだろうなあ
荒木貞夫や真崎甚三郎のカムバックを防ぐため
無念 Name としあき 16/11/06(日)10:50:39 No.444192334
>松岡並に訳分からんバカだ
松岡は三国同盟に関してはとち狂ってるが
仏印に関してはアメリカキレるよと何度も警告を発してるのだ
無念 Name としあき 16/11/06(日)10:51:53 No.444192535
2.26などのテロもね
あれでかえって軍部の影響力が増す一方
まともな軍関係者や政治家がものを言えなくなった
無念 Name としあき 16/11/06(日)10:56:23 No.444193254
>日本人が自主的に西欧レベルの憲法を制定するのは無理
>押し付けだ何だと言うが
フランス第三共和制を見るにそうは思わんけどな
無念 Name としあき 16/11/06(日)10:59:50 No.444193837
>荒木貞夫や真崎甚三郎のカムバックを防ぐため
軍部大臣現役武官制を復活させるまでの価値があったのかねえ
結局皇道派・統制派の派閥争いなんかね
戦後広田弘毅はA級戦犯で死刑で真崎は真っ先に釈放ってオチが付くんだよな
無念 Name としあき 16/11/06(日)11:39:26 No.444201371
>GHQの若造どもの草案のほうが余程優れてるんだからしょうがない
占領下で他国の憲法変えるほうがおかしいんだが
変える必要はそこまでなかったはずだし
GHQより上の意図をもって変えにきてる
無念 Name としあき 16/11/06(日)11:41:31 No.444201784 del
1478400091381.jpg-(27995 B)
きたよ
無念 Name としあき 16/11/06(日)11:58:23 No.444205095
>占領下で他国の憲法変えるほうがおかしいんだが
>変える必要はそこまでなかったはずだし
>GHQより上の意図をもって変えにきてる
変える必要は大アリだったと
日本側が出してきた民主主義とは程遠い内容を見れば痛感すると思う
無念 Name としあき 16/11/06(日)12:01:01 No.444205615
>占領下で他国の憲法変えるほうがおかしいんだが
>変える必要はそこまでなかったはずだし
>GHQより上の意図をもって変えにきてる
幣原喜重郎なんかも色々関わっているのも知られて欲しいというか
無念 Name としあき 16/11/06(日)12:02:08 No.444205838
>>荒木貞夫や真崎甚三郎のカムバックを防ぐため
>軍部大臣現役武官制を復活させるまでの価値があったのかねえ
>結局皇道派・統制派の派閥争いなんかね
>戦後広田弘毅はA級戦犯で死刑で真崎は真っ先に釈放ってオチが付くんだよな
やはり日本人による日本人の手で裁くべきだった
本丸の戦犯は長生きしてたりするから
吐き気がする
無念 Name としあき 16/11/06(日)12:02:33 No.444205932
>フランス第三共和制を見るにそうは思わんけどな
フランスは共和制じゃないか…
無念 Name としあき 16/12/03(土)09:32:59
No.444157863 del
1478368915130.jpg-(91372 B)
キタ━━━(゜∀゜)━━━!!

コメントを書き込む


仏印を放」が含まれるスレッド一覧を表示する

仏印を放 の検索結果/いもげばこ−二次元裏img@ふたばログ保管庫
img保管庫で「仏印を放」が含まれるスレッド一覧を表示する

おなまえ
題  名
コメント

[トップに戻る]