日本の伝統食ってのはいつごろの食事を指すんだどんぐりパンとふぐの - ふたろぐばこ−二次元裏may@ふたば過去ログ保管庫


[トップに戻る]
日本の伝」が含まれるスレッド一覧を表示する

日本の伝 の検索結果/いもげばこ−二次元裏img@ふたばログ保管庫
img保管庫で「日本の伝」が含まれるスレッド一覧を表示する

全320レス
       次の200レス 
1 2 

無念 Name としあき 16/11/08(火)22:25:30 No.444762780 del
日本の伝統食ってのはいつごろの食事を指すんだ
削除された記事を見る

無念 Name としあき 16/12/09(金)10:55:23
No.444762780 del
1478611530150.jpg-(14115 B)
キタ━━━(゜∀゜)━━━!!
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:26:11 No.444762997
どんぐりパンとふぐの頃かな
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:27:06 No.444763278
貝塚
無念 Name としあき 16/12/09(金)10:55:23
No.444762780 del
1478611530150.jpg-(14115 B)
キタ━━━(゜∀゜)━━━!!
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:27:32 No.444763435
捏造された伝統食をもてはやす大人たち
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:27:41 No.444763481
通常だと100年以上継続して食されてる料理を伝統食として扱う
無念 Name としあき 16/12/09(金)10:55:23
No.444762780 del
1478611530150.jpg-(14115 B)
キタ━━━(゜∀゜)━━━!!
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:28:09 No.444763624
>通常だと100年以上継続して食されてる料理を伝統食として扱う
SUKIYAKIかな
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:29:40 No.444764076
TENPURA SUSHI SOBA…
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:29:49 No.444764102
SUSHI!!
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:30:03 No.444764180
日本に限ったことじゃなく今も残ってる料理ってほとんどが近代になって生まれたものだからな
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:30:17 No.444764259
白米が定着したのは戦後
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:30:18 No.444764268
寿司は寿司でもなれずしこそ伝統食だろう
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:30:39 No.444764375


無念 Name としあき 16/11/08(火)22:32:17 No.444764847
常食してなくたって伝統がありゃいいだろ
年に一回ハレの食事でも伝統は伝統だ
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:33:09 No.444765127
伝統食はマズイ
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:34:58 No.444765678
>白米が定着したのは戦後
米一番食べてたのは大正の頃だし都市部なら珍しくもないぞ
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:35:41 No.444765905
歴史が多少浅くてもその土地に根付いた独特な料理は伝統食と言ってよいのではないかな
例えば蜂の子の佃煮とかめだかの佃煮とかイナゴの佃煮とか
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:36:30 No.444766159
>白米が定着したのは戦後
江戸わずらいってくらいで江戸の頃から食ってたよ
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:37:06 No.444766362
スレ画には嘘がある
実際にはもっと大盛りだった
これじゃ当時の人間も飢えて死ぬ
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:37:20 No.444766435
生まれ自体は近世頃が多い
そこから近代の食文化の中でも残ったやつは十分伝統だと思うよ
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:37:58 No.444766660
ラーメンライスもあと50年すれば伝統食か
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:38:29 No.444766845
今の和食の基礎ができたのは江戸期以降だから
そのぐらいから
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:40:26 No.444767455
味付けが変わっただけでかき氷は平安時代からの夏の伝統食
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:42:56 No.444768263
>ラーメンライスもあと50年すれば伝統食か
実際100年も残ってたら伝統と言っていいんじゃないか
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:43:03 No.444768301
そばも結構長いんではないか
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:45:03 No.444768957
近代のものは言わんよね
カツ丼とかカレーとかもう100年になるだろ
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:45:38 No.444769152
蕎麦は戦国時代のころからあるよ
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:45:46 No.444769208
>江戸わずらいってくらいで江戸の頃から食ってたよ
江戸の人口比率なん%だよ
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:45:56 No.444769266
>歴史が多少浅くてもその土地に根付いた独特な料理は伝統食と言ってよいのではないかな
>例えば蜂の子の佃煮とかめだかの佃煮とかイナゴの佃煮とか
そういうのは逆に歴史がありそうやけどな
あとタガメじゃなくてメダカなん?
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:46:06 No.444769319 del
1478612766611.jpg-(110961 B)
このシリーズ好きで古本屋とかで見付けるとつい買ってしまう
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:46:18 No.444769378
握りめしとかは伝統食のはず
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:46:35 No.444769477
スレ画の真ん中の何
ちり紙?
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:46:43 No.444769515
>そういうのは逆に歴史がありそうやけどな
>あとタガメじゃなくてメダカなん?
新潟県の一部の地域で食べられています
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:48:03 No.444769913
>スレ画の真ん中の何
>ちり紙?
堅塩
無念 Name としあき 16/12/09(金)10:55:24
No.444762780 del
1478611530150.jpg-(14115 B)
キタ━━━(゜∀゜)━━━!!
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:48:55 No.444770203
というか普通に白米食わなかったらなんのための年貢だよって話になる
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:49:01 No.444770234 del
1478612941722.jpg-(171574 B)
実は歴史長かったり
[AD]
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:49:19 No.444770312
>通常だと100年以上継続して食されてる料理を伝統食として扱う
吉牛が伝統食として扱われる日も近いな
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:49:52 No.444770491
>このシリーズ好きで古本屋とかで見付けるとつい買ってしまう
この手の話題だとこれ読んどけば間違いないよね
そこそこの図書館なら必ずあるのもグッド
[AD]
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:50:04 No.444770557 del
1478613004389.jpg-(90473 B)
こんな感じが好き
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:50:17 No.444770615
>というか普通に白米食わなかったらなんのための年貢だよって話になる
年貢のせいで上層部以外食わなかったんじゃ
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:50:58 No.444770817
簡単に出来る伝統食の数々
http://colocal.jp/category/topics/food-japan/kyodoshoku
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:51:13 No.444770913
おせちですら最近の子には受けないやろ
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:51:34 No.444771013
めざしはあんま見なくなったな
あるとしてもうまみの濃いかなり高級なやつ
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:51:42 No.444771056 del
1478613102221.jpg-(42627 B)
>新潟県の一部の地域で食べられています
すげえいりこみたいだ
絶滅危惧種の影響がでていてせつねぇ
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:51:44 No.444771064 del
1478613104200.jpg-(64559 B)
>こんな感じが好き
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:52:03 No.444771157
>年貢のせいで上層部以外食わなかったんじゃ
土地によっちゃ普通に農民も白米食ってたよ
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:52:21 No.444771235
>通常だと100年以上継続して食されてる料理を伝統食として扱う
通常ってどこで決めたものなの?
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:53:11 No.444771500
>>こんな感じが好き
こんな食事じゃ右の奥さんみたいに太れない
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:53:37 No.444771633
昔は貧しいってより乏しいだよな
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:53:52 No.444771721
>こんな感じが好き
塩分・・・
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:53:56 No.444771740
秋田山形なんかは「米しかとれない土地」なんて揶揄されたり
別に豊かというわけでもなく口にするのは年貢や販売用出した後の二番米三番米だけど
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:55:48 No.444772345
>というか普通に白米食わなかったらなんのための年貢だよって話になる
年貢で徴収された米は大消費地である上方や江戸に送られて売られてる
年貢に取られて残った僅かな分を混ぜたり雑炊にして食ってた
まじりっけ無しで食べれたのは祝い事のときぐらいだ
農村部で基本的に常食にしていたのは白米よりむしろ裏作で作っていた麦とかの農作物がメインで
裏作でできた作物には税がかからないからむしろこっちにこそ力を入れていた
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:55:52 No.444772365 del
1478613352855.jpg-(74363 B)
塩分は塩から取る
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:56:12 No.444772473
菜っ葉の漬物に玄米山盛りと味噌汁
この食事でもタンパク質以外はだいたい足りるのだ
[AD]
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:56:19 No.444772508
>こんな感じが好き
禿

無念 Name としあき 16/11/08(火)22:56:39 No.444772631
海藻は昔から食べられてたな
スイーツは干し柿だな
[AD]
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:56:45 No.444772659
>堅塩
勉強なった
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:57:39 No.444772966
昔話でよくでる大根飯がどんなのか気になる
[AD]
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:57:49 No.444773022
白米ばっか食ってると玄米とか麦喰いたくなってくるよね
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:57:54 No.444773043
>秋田山形なんかは「米しかとれない土地」なんて揶揄されたり
>別に豊かというわけでもなく口にするのは年貢や販売用出した後の二番米三番米だけど
山形藩は決まった殿様がいないおかげで商業が栄えまくってたぞ
修繕費出せない殿様に大金寄付する程度に
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:58:17 No.444773155
でも野菜の生食文化が無かった日本は
玄米食ってた農民が正しかったと思う
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:59:26 No.444773505
>白米ばっか食ってると玄米とか麦喰いたくなってくるよね
一度食べて暫くはいいやってなる
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:59:31 No.444773523
>でも野菜の生食文化が無かった日本は
>玄米食ってた農民が正しかったと思う
問題は昔の玄米は不味いということだ
今の玄米が美味いのは精米技術の進歩のおかげ
だから銀シャリが憧れの的になった
無念 Name としあき 16/11/08(火)22:59:32 No.444773531
>でも野菜の生食文化が無かった日本は
なんでなんでもかんでもすぐ煮るんだ
目方増やすためだろうけど
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:00:26 No.444773825
野良仕事に出ない日なんかは鍋の汁と一緒にコメもかゆ状に炊いて
効率よくひとまとめにしちゃうんじゃねーかな
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:00:30 No.444773847
もちろん白米のが味も香りも食感も上
ただ玄米は栄養価が極まってる
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:00:52 No.444773945
>なんでなんでもかんでもすぐ煮るんだ
生で食ったら腹壊すからじゃないの
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:01:11 No.444774038
>昔話でよくでる大根飯がどんなのか気になる
大根と一緒に飯を炊く
大根の分だけ米がうくので嵩増しでたくさん大根を入れる
当然不味い
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:02:36 No.444774452
>大根の分だけ米がうくので嵩増しでたくさん大根を入れる
>当然不味い
今みたいに出汁もいれないだろうしな
鰹節が庶民に流通するようになったの江戸時代だし
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:02:40 No.444774464
今はデジタルコレクションで戦前資料漁り放題な楽な時代
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:03:01 No.444774567
矢口高雄の漫画に登場する食べ物が美味そうでな
釣りキチ三平もそうだけど新おらが村とか
アルマイトの弁当箱に詰めた冷や御飯に山の沢水かけたのでさえ美味そうに見える
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:03:10 No.444774601
>年貢で徴収された米は大消費地である上方や江戸に送られて売られてる
人口の8割で米作っても残りの2割で食べつくすぐらいの量しか取れないのか
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:03:42 No.444774766
ヨーロッパは農民や貧民でもミルクくらいは飲むのが体格に影響与えてそうだ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:04:04 No.444774882
>今みたいに出汁もいれないだろうしな
>鰹節が庶民に流通するようになったの江戸時代だし
一応カツオを使った出し汁らしきものは
平安以前から料理品目として存在したらしい
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:04:35 No.444775052 del
1478613875074.jpg-(144030 B)
米食べてたよ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:05:10 No.444775228
野菜は日持ちしないから基本漬物とか保存食
本当は人糞肥料使ってて寄生虫卵ついてるから
加熱して欲しい
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:05:18 No.444775263
>一応カツオを使った出し汁らしきものは
>平安以前から料理品目として存在したらしい
貴族身分ならそういう食文化もあるだろうけどなぁ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:05:31 No.444775323
平安で記録残ってるようなのはたいてい宮中メニューでないか
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:05:31 No.444775326
>なんでなんでもかんでもすぐ煮るんだ
>目方増やすためだろうけど
生で食うとか常識知らずの阿呆扱いされるぞ
世界的に生食文化のほうが極少数派
文化として残ってるのは細菌や寄生虫による病気や燃料が根本的に不足してる極地で生活してる連中ぐらいだ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:06:07 No.444775495
味噌も米や大豆なんて上等なものじゃなく糠で味噌作ってたからな
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:06:31 No.444775607
>貴族身分ならそういう食文化もあるだろうけどなぁ
麺類とかもそうだけど貴族から次第に民衆に広がってく料理は多いんだよ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:07:04 No.444775777
面積あたりの生産性で言えば米が一番高いのだから
米作りつつ自分用に別の畑で雑穀栽培するよりは
自分の分まで米作るほうが合理的のように思える
米の税率次第ではあるが・・・
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:07:35 No.444775948
お上中心の文化だった戦国以前より
庶民文化が花開いた江戸時代からが伝統でいいんじゃないのと思う
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:08:23 No.444776156
>人口の8割で米作っても残りの2割で食べつくすぐらいの量しか取れないのか
年中全国的に豊作になってるとか思い込んでないか?
農業技術も未熟で天候不順も多かったから不作や凶作も多かったんだが
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:08:27 No.444776176
稲の品種改良進んでないし冷害やら不作時のセーフティネットでもあるんじゃない多品種栽培は
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:08:33 No.444776206
>野菜は日持ちしないから基本漬物とか保存食
野菜って大根以外だとほうれん草と小松菜とあと何があったかな
ロシア人が「日本における大根は我々にとってキャベツみたいなもん」って日記に書いてるとか
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:08:39 No.444776239
生産技術が今ほど発達してないから
東北だと水稲栽培北限付近で陸稲とか他の穀物栽培したほうがいい場合もある
ちょっと気温低いと壊滅で即飢饉だし
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:08:43 No.444776269
農林1号…
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:08:45 No.444776286
>人口の8割で米作っても残りの2割で食べつくすぐらいの量しか取れないのか
ウィキペの麦飯の項目からみると、収穫された白米は江戸や大坂で主に消費されて
地方の農民は白米2、3割に麦や稗粟を混ぜたものを食ってたみたいだな
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:10:12 No.444776720 del
1478614212832.jpg-(129391 B)
>伝統食はマズイ
大抵は足りない栄養を取る意味合いの物が多いからな
しもつかれとかゲロにしか見えん
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:10:14 No.444776732
玄米は消化悪いからね
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:10:48 No.444776885 del
1478614248011.jpg-(183168 B)
大黒様のお歳夜には昔からこんな感じの料理を食べるのだ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:10:59 No.444776941
>面積あたりの生産性で言えば米が一番高いのだから
>米作りつつ自分用に別の畑で雑穀栽培するよりは
>自分の分まで米作るほうが合理的のように思える
>米の税率次第ではあるが・・・
別の畑ってなんだよ
耕してる土地には基本的に検地によって年貢が課せられるんだよ
隠田は重罪だぞ
だから裏作を利用するんだよ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:11:04 No.444776962
>お上中心の文化だった戦国以前より
>庶民文化が花開いた江戸時代からが伝統でいいんじゃないのと思う
庶民文化なら鎌倉の頃から花開いてるだろ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:11:53 No.444777201
♪ここは吉野家 味の吉野家 牛丼一筋80年〜
このCMが1979年頃だから吉野家も100年超えてる
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:11:59 No.444777233
>農業技術も未熟で天候不順も多かったから不作や凶作も多かったんだが
まぁ米が余ると困るからなんとかしようとした将軍様もいたしな
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:12:05 No.444777267 del
1478614325750.jpg-(122322 B)
大根カブ以前の時代が厳しすぎる
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:12:38 No.444777430
年貢も米基本だから
作ったら作った分だけ割増で持ってかれるし
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:12:59 No.444777518
>野菜って大根以外だとほうれん草と小松菜とあと何があったかな
カブ・ナス・カボチャ・サトイモ・キュウリ・人参等
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:13:21 No.444777621
安くて栄養あってうまい蕎麦を主食にすればよかったのに
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:13:23 No.444777631
日本人が米に固執したのは米自体よりむしろ藁が生活面で絶対的に必要だったのが原因という
特に農民は藁が無いと生活必需品が何も作れない
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:13:31 No.444777667
>このCMが1979年頃だから吉野家も100年超えてる
牛丼の歴史て300年じゃないんだ…
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:13:45 No.444777749
>年貢も米基本だから
>作ったら作った分だけ割増で持ってかれるし
と言っても畑の作物にも年貢はかかるしな
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:13:59 No.444777835
>安くて栄養あってうまい蕎麦を主食にすればよかったのに
そばがきだからね
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:14:10 No.444777886
>白米2、3割に麦や稗粟を混ぜたものを食ってたみたいだな
白米を姥捨山では「白剥ぎ様」とまで称して泣きながら食べていたが
いつも思うのは、2、3割普段から食ってるんなら
4、5日我慢して白米のみの飯食えよっていう
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:14:11 No.444777893
>玄米は消化悪いからね
不味いし食感も嫌だし段々食事が辛くなる
よくあんなものを常食できたもんだ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:15:14 No.444778191
>安くて栄養あってうまい蕎麦を主食にすればよかったのに
思ったほど収穫できない
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:15:46 No.444778357
>隠田は重罪だぞ
柳生「ッッ!」ビクッ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:15:49 No.444778378
>大根カブ以前の時代が厳しすぎる
鍋物、お新香の定番野菜の白菜も食いだしたのは
明治からだっけ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:16:28 No.444778585
>安くて栄養あってうまい蕎麦を主食にすればよかったのに
収穫量が段違い
面積あたりでは米の半分も取れない
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:16:31 No.444778605
味噌汁は昔からあるだろ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:16:40 No.444778645
貴族様が田舎に行ったら蕎麦だされたマジありえないとかくぐらいには食い物扱いされなかった模様
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:17:36 No.444778900
昔は味などどうでも良い
食は滋養があれば良い
って鉄拳の平八みたいな爺がマジで居たんすよ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:18:31 No.444779171 del
1478614711473.jpg-(444569 B)
>安くて栄養あってうまい蕎麦を主食にすればよかったのに
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:18:40 No.444779224
>いつも思うのは、2、3割普段から食ってるんなら
姥捨て山が存在するならそもそも米すら食えないくらい貧しい土地なのではと思うが
全国どこでも白米2,3割キープなわけはあるまい
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:18:53 No.444779292
>No.444776720
ゲロdel
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:18:54 No.444779296
基本は飯、漬物、味噌汁
魚や納豆が付けば御の字
スイーツは干柿な
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:19:01 No.444779333
年食うと自然と和食を好むのはやっぱ遺伝子に組み込まれてんのかね
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:19:10 No.444779373
しかし信州のお殿様は蕎麦好きでそば職人つれて藩がえ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:19:14 No.444779392
俺の故郷は某国境に近い島なんだが
一番見晴らしのいい丘に、外国船の侵犯を監視していたという遠見櫓の跡がある
斜面が大半だから、そこでも育つ雑草が地を覆い尽くしているのだけれど
そんな中にチラホラ見えるのが、大根
常駐してた人が食べるために簡単な畑とか作ってたんだろうな
その子孫が今まで生き残ったんだろうなと過去に思いをはせる
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:19:21 No.444779419
>まぁ米が余ると困るからなんとかしようとした将軍様もいたしな
全国的に豊作が続けば当然米が余るんよ
でもそんな奇跡的なことは続かないんでちょっとした天候不順ですぐに状況が悪化しちゃうという…
例えば田沼意次とか米が余ってるってんで商業作物に転化させたら
天候不順と天災が続いて国内で大飢饉を発生させちゃって失脚
あとを継いだ水野忠邦が飢饉が発生した状況を鑑みた上で重農主義に戻すという
紆余曲折をやってる歴史がある
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:19:27 No.444779456
>4、5日我慢して白米のみの飯食えよっていう
毎日肉体労働するのに4日も飯抜きすか
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:20:00 No.444779625
塩分過多になるのが問題だな
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:20:23 No.444779726
>昔は味などどうでも良い
>食は滋養があれば良い
>って鉄拳の平八みたいな爺がマジで居たんすよ
イギリスとかいまだにそれでしょ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:20:27 No.444779742
白菜はかなり新しい野菜なんだよね
だから時代劇に出てきてはいけない
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:21:35 No.444780087
温度湿度管理した倉庫で古米蓄えておけるのもここ数十年でやっとだ
入れておくとうがらしすらない米俵をただ積んでおくとか虫やネズミがそりゃわくし
質の劣化も激しかろう
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:21:51 No.444780171
今のコメの苗を江戸時代に持っていったら
日本すごいことになりそうだ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:22:02 No.444780229
蕎麦が救荒食なのはそうなんだが
蕎麦は香りが良いし
そして、時代が進み麵として昇華した(+食感+そば汁による風味)
救荒食だったと言うべきだろう
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:22:41 No.444780414
注意すべきは今と違って毎日似たような量を食ってたってわけじゃないってこと
農民は少ししか食えなかったというけれど
農繁期は当然少量では体が持たないのでドカドカ食った
1日4食食うこともあるくらい
逆に農閑期は食べる量を減らして節約してた
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:22:50 No.444780459
>矢口高雄の漫画に登場する食べ物が美味そうでな
>釣りキチ三平もそうだけど新おらが村とか
>アルマイトの弁当箱に詰めた冷や御飯に山の沢水かけたのでさえ美味そうに見える
それ美味しんぼで水を題材にした対決で山岡さんが出そうとして止められたヤツだ
社主が以前に雄山に振る舞われたことがあると言う理由でだが
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:23:05 No.444780530
昔の品種改良されてない米は白米であってもクソまずいものだったろうな
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:23:15 No.444780568
>そして、時代が進み麵として昇華した(+食感+そば汁による風味)
それが出来たのは平安で金も人も集まった江戸だからで
地方じゃどうだろう
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:23:20 No.444780585
>鍋物、お新香の定番野菜の白菜も食いだしたのは
>明治からだっけ
白菜は明治に入ってきて本格的に栽培始まったのが大正頃だね
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:23:30 No.444780629
>塩分過多になるのが問題だな
粟や稗は塩分排出しちゃうのでむしろ過多気味に食わないと塩分が足りなくなる
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:23:47 No.444780712
漁民はタンパク質には困らなそうだな
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:23:54 No.444780743
>今のコメの苗を江戸時代に持っていったら
>日本すごいことになりそうだ
農薬と肥料前提の品種だろうからロクに育たないんでは
冷害に強い品種持ち込めるなら喜ばれそうだけど
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:24:16 No.444780840
>白菜はかなり新しい野菜なんだよね
>だから時代劇に出てきてはいけない
中国の野菜で元々はもっと小さな野菜だよ
日本で栽培したらお化け白菜に成長しちゃったという…
百姓貴族とかで牛さんも描いてるけど他所の土地にあった作物の種を
自分の土地に持ってきても同じものには絶対にならないという生き物の不思議
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:25:06 No.444781064
>今のコメの苗を江戸時代に持っていったら
>日本すごいことになりそうだ
寒冷地でも育つ米とか泣いて喜びそう
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:25:16 No.444781105
奥羽122号だっけ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:25:44 No.444781229
中国でデカイ種が作られたけど
他の地域で栽培すると混雑などで先祖帰りしちゃって育てられなかったって話じゃない?
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:26:25 No.444781411
>粟や稗は塩分排出しちゃうのでむしろ過多気味に食わないと塩分が足りなくなる
カリウムかぁ…
昔の人は腎臓もつのか
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:26:28 No.444781436
>面積あたりの生産性で言えば米が一番高いのだから
>米作りつつ自分用に別の畑で雑穀栽培するよりは
>自分の分まで米作るほうが合理的のように思える
>米の税率次第ではあるが・・・
土地の面積からの推定収穫量がベースやから不作でも決められた量を出すんや
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:26:32 No.444781447
白菜はとても交雑しやすい野菜で
交雑を避けて上手く育てる技術がなかなか確立しなかったとかなんとか
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:26:39 No.444781474
もしも江戸時代にタイムスリップしたら
狩猟の心得があるから肉は食えるけど
コショウがないのか…
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:26:46 No.444781505
>今のコメの苗を江戸時代に持っていったら
>日本すごいことになりそうだ
化学肥料や農薬のサポートなしで実力を発揮できるかな
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:27:03 No.444781568
>注意すべきは今と違って毎日似たような量を食ってたってわけじゃないってこと
>農民は少ししか食えなかったというけれど
>農繁期は当然少量では体が持たないのでドカドカ食った
>1日4食食うこともあるくらい
>逆に農閑期は食べる量を減らして節約してた
ドカドカ食ってたといっても大半は混ぜ物の飯だけどな
「おしん」とか放送してた頃は常識だったけど最近の子は
普通に白米飯を食べていたと思い込んでいるから困る
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:27:51 No.444781793
アブラナ科はアホみたいに多様性がありすぎる
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:28:35 No.444781993
野菜も外の種もってこずに自前のタネで代を重ねてると劣性遺伝子が発現したり特質が崩れたりすんのか?
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:28:40 No.444782017
>「おしん」とか放送してた頃は常識だったけど最近の子は
と、とし老…
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:28:47 No.444782049
八公ニ民とかいう生き地獄
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:29:18 No.444782184
>コショウがないのか…
胡椒はあってとうがらしが江戸の中頃だかじゃね?
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:30:11 No.444782393
>救荒食だったと言うべきだろう
蕎麦の進化はすごいな
同じ大衆食のラーメンやうどんより高級感あるし
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:30:13 No.444782406
>野菜も外の種もってこずに自前のタネで代を重ねてると劣性遺伝子が発現したり特質が崩れたりすんのか?
トマトはすぐ変わっちゃうと聞いた
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:30:14 No.444782419
>>このCMが1979年頃だから吉野家も100年超えてる
>牛丼の歴史て300年じゃないんだ…
牛を庶民が食用にしたのは明治からでわ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:30:32 No.444782502
さっきガイアで青森期待の新ブランド「青天の霹靂」を紹介してたけど
あれは寒い地方にとってはまさに理想の米だよなぁ
寒さに強くて病気にも強くなおかつ美味い
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:30:43 No.444782564
野菜も昔に比べるとえらくおいしく(甘く)なってるだろうな
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:30:48 No.444782585
江戸卵料理百珍にも出てくる卵ふわふわはたまに作る
とはいえ、コンロで火力調整余裕だから容易に作れるけれど
当時はかまどと薪でそれ作ってたんだからすごいよなぁと思う
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:31:08 No.444782693
種苗メーカーとかあるのも伊達じゃねえか
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:31:32 No.444782787
銀平飯科帖で読んだが胡椒は室町時代にはあったはず
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:32:18 No.444783025
>もしも江戸時代にタイムスリップしたら
>狩猟の心得があるから肉は食えるけど
>コショウがないのか…
獣肉は山椒で匂いを消して食べるもんだよ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:32:22 No.444783049
>江戸卵料理百珍
豆腐百珍は聞いたことがあるが卵料理百珍もあるのか
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:32:26 No.444783076
>野菜も昔に比べるとえらくおいしく(甘く)なってるだろうな
昔どころか10数年前と比べても
ピーマンとか明らかに苦くなくなってると思う
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:32:49 No.444783190
>野菜も昔に比べるとえらくおいしく(甘く)なってるだろうな
でも農水省のデータだったか
栄養自体は下手すると半分くらいになってる野菜がちらほら
軟白化というのかな
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:33:09 No.444783277
>野菜も昔に比べるとえらくおいしく(甘く)なってるだろうな
だから今の野菜で古い西洋料理レシピ作ったりすると甘過ぎる事が多いのよね
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:34:12 No.444783583
>獣肉は山椒で匂いを消して食べるもんだよ
いやちゃんと血抜きすれば塩だけでおいしいけどさー
スパイス欲しいスパイス
塩梅だけじゃやだ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:34:15 No.444783596
かぼちゃも甘くなってるから砂糖入れるレシピはもう古いらしいな
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:34:20 No.444783622 del
1478615660145.jpg-(281233 B)
>豆腐百珍は聞いたことがあるが卵料理百珍もあるのか
ちょいと調べたら
蒟蒻・鰻・鯛・サツマイモまであるようだ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:34:54 No.444783773
苦瓜なんて初めて食べたときはキューサイ青汁並みにえぐかったけど
今のは生でかじれるもんな
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:35:05 No.444783820
>いやちゃんと血抜きすれば塩だけでおいしいけどさー
>スパイス欲しいスパイス
>塩梅だけじゃやだ
生姜とニンニクはあるからそれでなんとか・・・
あるいは麹とか味噌に漬け込んでみるか
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:35:19 No.444783906 del
1478615719820.jpg-(50961 B)
>牛を庶民が食用にしたのは明治からでわ
こういうネタもきちんと語り継いでいかないとなぁ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:35:31 No.444783951 del
1478615731176.gif-(65010 B)
酸味がないりんごとかコーヒーを入れないクリープみたいなもんですよ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:35:44 No.444784017
>蕎麦の進化はすごいな
>同じ大衆食のラーメンやうどんより高級感あるし
知れば知るほどなんでこの料理が生まれたのか分からない
まず繋ぎがないと麺がくずれるし湯で時間も繊細ですぐのびて溶ける
さらに汁は熟成に一ヶ月もかかるっていう
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:36:08 No.444784151
>粟や稗は塩分排出しちゃうのでむしろ過多気味に食わないと塩分が足りなくなる
なので東北方面では特に塩っ辛い食べ物が好まれた(理由はそれだけじゃないけど)
焼いたら身から塩があふれ出てくる塩蔵魚とかを俵に詰めて
馬の背に乗せ商人が村から村へ売り歩いていたり
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:36:17 No.444784203
ハミチツなんてトリップできるくらいの甘味だったんだろうな
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:37:21 No.444784506
>昔の品種改良されてない米は白米であってもクソまずいものだったろうな
でも江戸時代の農書を見ると赤米黒米を含めて米の銘柄が既に80種以上記載されてたりするから
当時でも味のいい米と育ちやすい米を考えて作ってはいた模様だぞ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:37:21 No.444784507
>八公ニ民とかいう生き地獄
今もそんなもんなわし
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:37:22 No.444784509
蕎麦も手間だがコンニャクはさらに意味が分からない
料理というか化学実験だろあれ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:37:46 No.444784622
>さっきガイアで青森期待の新ブランド「青天の霹靂」を紹介してたけど
それ食べたことあるけどなかなか美味い
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:38:42 No.444784891
ヨーロッパじゃ粥に入れたり原始的ジャムや原始的焼き菓子作るためにはちみつ使ってたが
日本だと合いそうな食材ないのがつらいな
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:39:04 No.444784998
>あるいは麹とか味噌に漬け込んでみるか
徳川斉昭「牛肉の味噌漬け下さいなんでもしますから
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:39:04 No.444785004
>酸味がないりんごとかコーヒーを入れないクリープみたいなもんですよ
国光が好きだったのに全然見かけなくなって悲しい
ナシも酸味の強い二十世紀が減って
甘いばかりの幸水豊水ばっかりになって悲しい
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:39:07 No.444785016
>蕎麦も手間だがコンニャクはさらに意味が分からない
>料理というか化学実験だろあれ
ゼリープリンケーキなんかも分量間違えると膨らまない固まらないらしいからな
どんだけ蓄積積んで生まれてきたんだよっていう
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:39:17 No.444785059
最近は北海道のゆめぴりかとかななつぼしとか美味しいけど
米ってもともと暑いところの作物なんだっけ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:39:22 No.444785086
>日本だと合いそうな食材ないのがつらいな

無念 Name としあき 16/11/08(火)23:40:02 No.444785279
>知れば知るほどなんでこの料理が生まれたのか分からない
>まず繋ぎがないと麺がくずれるし湯で時間も繊細ですぐのびて溶ける
切り蕎麦はうどんからの派生で基本的に蕎麦は蕎麦掻にして食べてる
蕎麦粉に水を入れてネチネチと混ぜて酢や醤油で食べる

>さらに汁は熟成に一ヶ月もかかるっていう
汁も出汁を使う現代風になったのはかなり後で当時は酢醤油で食べていたはず
いまでもその名残を残す麺類にところてんがあるね
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:40:46 No.444785496
なるほど蕎麦も元々はダンプリングなんだね
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:40:51 No.444785514
>こういうネタもきちんと語り継いでいかないとなぁ
むしろキン肉星の牛丼は300年じゃきかない気がする
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:40:57 No.444785537
>切り蕎麦はうどんからの派生で基本的に蕎麦は蕎麦掻にして食べてる
そばもんだと素麺からの派生の方が説得力あったな
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:41:51 No.444785796
>汁も出汁を使う現代風になったのはかなり後で当時は酢醤油で食べていたはず
醤油の登場がかなりあとなので
初期は溶き味噌説もあるよ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:42:32 No.444785986
うどんというか日本に於ける麺類は
福岡からの手打ちルートと
五島からの手延べルートがあるんだっけ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:42:34 No.444785997
>そばもんだと素麺からの派生の方が説得力あったな
そうめんもうどんもそう遠い食べもんでもないから気にしなくていいと思うよ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:43:26 No.444786261
>醤油の登場がかなりあとなので
>初期は溶き味噌説もあるよ
酢味噌か
すっかり忘れてた
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:44:01 No.444786436
そばもんはルーツ話や科学的理論が詰め込まれてて
安直なメシ漫画に飽きたときに挑むにはちょうどいい重厚さ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:44:08 No.444786469
>かぼちゃも甘くなってるから砂糖入れるレシピはもう古いらしいな
昔の料理の方がドバドバ調味料使ってるよね
昭和初期の料理本みたら味噌汁作るにしても今の三倍ぐらいの味噌使ってたり
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:44:20 No.444786524
>醤油の登場がかなりあとなので
>初期は溶き味噌説もあるよ
ひしおとかいうのは庶民に無縁の存在?
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:45:02 No.444786715 del
1478616302394.jpg-(113293 B)
>米ってもともと暑いところの作物なんだっけ
もともとは長江流域で栽培してて
黄河流域では主に米じゃなくて麦作ってた
と考えると東北はおろか北海道で栽培しようというのは
かなりマジキチ入ってると思う
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:46:14 No.444787076
>ひしおとかいうのは庶民に無縁の存在?
味噌の原型だろ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:46:22 No.444787122
>ひしおとかいうのは庶民に無縁の存在?
無縁ではないとは思うけどひしおも味噌の旨味に関わってくるので
度々除いちゃうと味噌が結構しょぼい味になっちゃうからなあ…
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:46:47 No.444787251
海洋性気候なら内陸よりだいぶマシでしょ
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:47:06 No.444787357
ひしおといえば
ローマのガルムを味見してみたい
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:48:12 No.444787661
味噌は奈良時代からあって
醤油は江戸時代前後からとは言うけれど
魚醤は使わんかったのかな
地方によってはしょっつるとかあるし
無念 Name としあき 16/11/08(火)23:48:19 No.444787707
>昭和初期の料理本みたら味噌汁作るにしても今の三倍ぐらいの味噌使ってたり
味噌といえばすり鉢で擦ってから使う時代
無念 Name としあき 16/12/09(金)10:55:24
No.444762780 del
1478611530150.jpg-(14115 B)
キタ━━━(゜∀゜)━━━!!

コメントを書き込む

全320レス
       次の200レス 

1 2 

日本の伝」が含まれるスレッド一覧を表示する

日本の伝 の検索結果/いもげばこ−二次元裏img@ふたばログ保管庫
img保管庫で「日本の伝」が含まれるスレッド一覧を表示する

おなまえ
題  名
コメント

[トップに戻る]